2017年09月20日

1年経ったので大和の国債売却

1400万分を売却いたしました。
また他のところで買付いたします。
まったくのノーリスクで、何も気にせずに生活できてるので気分が大変楽。
ここ数年は1億の国債で毎年40万、そして不労所得の金額で・・・ という皮算用。

その背景には、自分の年齢から考えて1億を超えた部分、2千万以上の金額を年金支給までに遣っていくことを考えてます。
そこから見えるのは、2千万以上の分だけでも遣えないだろうに、キャッシュバックとか不労所得ってなに?
ということです。
しかし、人間というのは欲深い。
それでもお金を欲しがってしまうんです。
これが食料だったら、そうはならないんでしょう。
たとえ缶詰などの保存食でも、30個、50個・・・ 100個くらいまでだったらいいでしょう。
それが1000,2000、1万、10万となってきたら要りませんよね?

きっと1億というお金は、缶詰10000個とかと同じな感じかなと思います。
そして、その他の2000個の缶詰を食べつつ、毎年40個+αの缶詰を頂く。
食べきれないでしょう?

お金というのは便利でいいですね。
posted by 清伸弘 at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする