2019年08月07日

5000万もあったら充分だろ?

昨晩考えてて、65歳までの約10年は現在のペースだったら1000万もあったら充分すぎる。
そして65から85歳までの20年も年金の10万円/月を考えると、追加の出費で10万/月で充分すぎる生活ができるのでは?
すると65歳からの支出は120万/年を20年で2400万、65歳までで1000万として3400万で足りる計算です。

ざっと計算してこのような数字ですので、不測の事態に備えて1600万を追加しての5千万もあったら充分すぎるのではないかな。
いや、一般サラリーマンだったら、このくらいあればよく貯めたと褒めていいくらいですよ。

いままでなんか曇りガラス越しに見てるようでハッキリしなかった指標ですが、こうやって考えるとある程度まとまってきます。
やはり、ただ漠然と1億以上あったらどんな生活する?
っていうのは、子供が100万円あったら何を買いたい?ってのと同じで、漠然としすぎて本質に焦点があってないんです。

よって、それなりに必要な生活費として算出した3400万をこれからの基準に考えて、残りのお金についてはあまり考えずに「持ってない」ことにしてみるのもいいかも。
でも、全体から生み出されるキャッシュバックなどは、おいしく頂きますが。

とにかくいまは普通の生活をして過ごし、これからの生活で必要となった時に必要な金額が用意できるようにするだけですか。
posted by 清伸弘 at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。